カナダ資格取得留学(専門学校):ビジネス関連資格

DSCF1734[1]

カナダの国際貿易プログラムでは現在貿易の世界で注目されているFITTという資格試験に合格するため、集中的に国際貿易やビジネスに関しての知識を学習することが可能です。カナダ人や英語のレベルの高い留学生と共に、授業を受けるだけではなくグループワークやディスカッション、プレゼンテーションを通して知識の習得のみではなく実践力につながる授業が展開されています。

International Trade Management Certificate/Diploma (国際貿易業務マネージメント)

カナダの国際貿易プログラムでは現在貿易の世界で注目されているFITTという資格試験に合格するため、
集中的に国際貿易やビジネスに関しての知識を学習することが可能です。
授業内では貿易だけではなく全てのビジネスにおいて必要となるマーケティングやビジネス戦略、人事や会計まで
幅広い分野のトピックがカバーされています。

FITT: FITTの正式名称はForum for International Trade Trainingとなり、カナダ政府とカナダ貿易業界により1992年に設立された世界規模の国際貿易機関です。カナダだけでなく、FITTは北米の企業や日本の外資系企業、国際ビジネスに携わる企業で非常に高い評価を受けています。貿易実務や国際マーケティングなどの8科目を履修し、試験にパスすると FITTの資格を取得可能で、その後1年の実務経験を積むとCITP(Certified International Trade Professional)という国際貿易のプロとしての認定を得ることが可能です。

【こんな方にお勧め】
・商社や貿易に関連する会社で将来働きたい方
・今後就職活動を控えている大学生で外資系希望の方
・北米にて貿易業務のインターンを希望される方
・短期間で集中的にビジネスを実践的に学びたい方

【取得できる資格】
・ビジネス専門学校からの終了証明書
・FITTディプロマ(合格された方のみ、現在80%以上の方が合格)
・Profession Sales Certificate from CPSA
(CPSAとはセールス・マーケティングのフィールドで即戦力となり人材育成のため、実践的なプログラムの開発・提供をしているカナダのプロフェッショナル団体です)

【研修期間】
・サーティフィケーション:12週間
・ディプロマ:20週間
・インターンシップを希望される場合はその後20週間の就労ビザの取得が可能

【コース概要】
・International Trade Finance (貿易財務)
・Legal Aspects of International Trade (国際貿易法)
・International Marketing (国際マーケティング)
・Global Business Environment (グローバルビジネス)
・International Market Entry & Distribution (物流)
・FITT Exam Preparation and Business Plan (FITT試験対策)
・Sales and Management (経営戦略・流通業務・マネージメント)
・Marketing (マーケティング・市場戦略・消費行動・商品改善)
・Global Supply Chain Management (輸出入プロセス・物流計画)
・International Trade Research (リサーチプロジェクト)

Sales and Marketing Management (セールス・マーケティングマネージメント)

ビジネスの世界で原点となる分野はセールスとマーケティングと言われています。ビジネス英語や経営戦略、広告の打ち方や北米ビジネスマナーなどビジネスの基本を学ぶと共に、2大要素であるセールスとマーケティングの知識を専門的に身につけていきます。カナダ人や英語のレベルの高い留学生と共に、授業を受けるだけではなくグループワークやディスカッション、プレゼンテーションを通して知識の習得のみではなく実践力につながる授業が展開されています。

【こんな方にお勧め】
・実践的なビジネスの力を身につけたい
・営業やマーケティング戦略を重点的に学習したい
・プレゼンテーションやディスカッションなどを通して国際教養を身につけたい
・就職、転職を控えており武器になる知識と実践力を身につけたい
・英語プラスアルファで資格を取得したい

【取得できる資格】
・ビジネス専門学校からの終了証明書
・Certified in Management designation from CIM
(CIMはカナダで1942年に設立され、5万人以上のマネージャークラスの人材にマネージメントスキル提供などのサポートをしている団体で、北米の大学やカレッジにて行われるビジネスコースの授業提供も担当しています)
・Profession Sales Certificate from CPSA
(CPSAとはセールス・マーケティングのフィールドで即戦力となり人材育成のため、
実践的なプログラムの開発・提供をしているカナダのプロフェッショナル団体です)

【研修期間】
・サーティフィケーション:12週間
・ディプロマ:24週間
・インターンシップを希望される場合はその後24週間の就労ビザの取得が可能

【コース概要】
・Introduction to Accounting (会計基礎)
・Strategic Management (市場分析・戦略計画)
・Financial Management (財務計画)
・Business Communication (ビジネス英語)
・Canadian Business Law (法律と契約)
・Introduction to Management (マネージメント基礎)
・Marketing (マーケティング・市場戦略・消費行動・商品改善)
・Sales (消費行動・利益誘導・販売戦略・業務提携)
・Marketing Advanced (広告・流通・インターネットマーケティング・リサーチ方法・販売促進)
・Sales Advanced (コンサルティング販売・交渉・契約・クレーム処理方法)
・Fundamentals of Human Resources (人事基礎・経営分析・リクルート戦略)
・Introduction to Management Information Systems (経営・情報管理・システム構築)

 

Business Administration (ビジネスアドミニストレーション)

グローバル化が進むビジネスの世界で必須となるセールスやマーケティング知識、会計基礎、商法やビジネス英語などの即戦力となるスキルを習得するプログラムです。職種や業種に関わらず外資系企業や英語や国際教養が必要となる業務に携わるにあたり必ず役に立つ知識のため、国際人として活躍するためにぜひ受講したいビジネスプログラムの一つです。

【こんな方にお勧め】
・実践的なビジネスの力を身につけたい
・将来の目的は具体的に決まっていないが海外と日本を繋ぐ仕事がしたい
・就職、転職を控えており武器になる知識と実践力を身につけたい
・世界で通用するビジネス基礎を一通り学びたい
・英語プラスアルファで資格を取得したい

【取得できる資格】
・ビジネス専門学校からの終了証明書
・American Management Association Diploma
(AMAは1923年に設立されたアメリカに本部を持つビジネス団体で、アメリカ全土200校以上のカレッジにビジネスプログラムを提供しています。約10万人の会員を持ち世界でも認知度が高く、各国にてビジネスマン向けの講習を行い企業研修の開発に力を入れています)
・Certified in Management designation from CIM
(CIMはカナダで1942年に設立され、5万人以上のマネージャークラスの人材にマネージメントスキル提供などのサポートをしている団体で、北米の大学やカレッジにて行われるビジネスコースの授業提供も担当しています)

【研修期間】
・サーティフィケーション:12週間
・ディプロマ:24週間
・インターンシップを希望される場合はその後24週間の就労ビザの取得が可能

【コース概要】
・Introduction to Accounting (会計基礎)
・Strategic Management (市場分析・戦略計画)
・Financial Management (財務計画)
・Project Management (プロジェクトマネージメント)
・Fundamentals of  Marketing  (マーケティング基礎)
・Fundamentals of Human Resources (人事基礎・経営分析・リクルート戦略)
・Leadership Coaching and Negotiating  (リーダーシップスキル構築・交渉スキル)
・Business Communication (ビジネス英語)
・Canadian Business Law (法律と契約)
・Organizational Behaviour  (組織行動論)
・International Studies (企業の国際化と対策)

Translation and Interpreting (翻訳/通訳サーティフィケート)

年々、スキルアップを目的とした留学希望者が増えているのにも関わらず、多くの方が留学ライフを就職に活かせない状況が多々見受けられますが、最大の理由として上げられるのがビジネスで使える英語を習得していないということです。
そこでこちらの専門学校では専門知識(翻訳・通訳)+コミュニケーション(ビジネス英語)がバランスよく学べる独自のカリキュラムを提供しています!
翻訳・通訳クラスでは英語、日本語力の向上にとどまらず、状況に応じた翻訳・通訳のテクニックから翻訳・通訳者の心得までを、経験豊富な講師より学んで頂くことが可能です。
コミュニケーションでは特にライティングテクニックを中心に、英会話からビジネスレベルの英語への向上を目指します。

【こんな方にお勧め】
・通訳士/翻訳家としてのキャリア基礎を築きたい
・総合的な英語力アップを目指す大学生
・帰国後外資系企業への就職を希望される方
・英語のスキルアップを図りどの分野でも活かせる知識を身につけたい

【研修期間】8週間-24週間 (希望する場合は2-12ヶ月の就労ビザ取得が可能)

【過去教材例】
実務翻訳:ビジネス書・政治・医療・環境問題・社会問題・文化・科学・パンフレット・ビジネスレター・旅行案内・小説・童話・字幕など
通訳ロールプレイ:会議・銀行取引・クリニック会話・有名人インタビュー・ディベート・プレゼンテーション・通訳演習・経済・政治・環境問題・文化など

【コース概要】
・Translation (翻訳:日本語から英語)
・Translation (翻訳:英語から日本語)
・Interpreting (通訳:英語から日本語)
・Business English (ビジネス英語)
・Business Writing (ビジネスライティング)
・Business Oral Communication (ビジネス口語コミュニケーション)
・Effective Reading (速読)
・Professional Presentation (プレゼンテーション)
・Academic Writing (アカデミックライティング)

経理基礎/アカウンティング (会計)

Bookkeeping Certificate (経理基礎学サーティフィケート)
3ヶ月という短い期間の中で、会社の経理を行う上で必要となる財務レポート、税金計算、原価計算、収支、給与計算の項目を中心に学習するコースです。北米や日本でも多く取り入れられているマイクロスフトオフィス、そして会計プログラムソフトの使い方を学ぶことで、経理として働くための即戦力を手に入れることが可能です。

【こんな方にお勧め】
・英語で経理基礎を学びスキルアップに繋げたい
・会計の勉強をする前に基礎を学びたい
・大学で会計や経営学などを専攻されている方
・外資系企業への就職を希望される方

【研修期間】12週間
【コース概要】
・Microcomputer Applications Sotfware (コンピューターを使った経理管理)
・Financial Accounting (財務経理)
・Computerized Bookkeeping 1/2 (経理ソフト学習)
・Cost Accounting (原価計算)
・Taxation (税金計算)
・Payroll Administration (給与計算)

Diploma in Accounting (会計学ディプロマ)
カナダの3大公認会計団体の一つであるCGA(Certified General Accountants)よりプログラム委託を任された会計学のディプロマプログラムです。8ヶ月のコースを終了後はカレッジで取得した単位をCGAへと移項することが可能で、CGAの公認会計メンバーとして必要とされる学術レベル5段階のうち、レベル3までこのディプロマプログラム内で習得することが可能です。私立の学校の中では最大数の単位取得が可能で、近年では別の公認会計団体であるCMA(Certified Management Accountants)からも一部の単位移行が認められ、卒業生に更に多くの可能性を提供しています。

【こんな方にお勧め】
・会計士としてのキャリア基礎を築きたい
・帰国後外資系企業への就職を希望される方
・英語で会計学を学びスキルアップを図りたい

【研修期間】32週間
【コース概要】
・Financial Accounting Fundamentals (財務会計基礎)
・Computerized Accounting (コンピューターを使う会計法)
・Business Law (ビジネスに関する法律)
・Business Communications (ビジネスコミュニケーション)
・Business Mathematics (ビジネス数学)
・Business Applications of Excel and PowerPoint (マイクロソフトワード・エクセル・パワーポイント)
・Managing Payroll (給与計算)
・Public Speaking (パブリックスピーキング)
・Introductory Management Accounting and Budgeting (財務レポート・原価計算・収支・利益計算)

プログラム体験談

935105_550847264954046_577721401_n[1] - Copy

May 14, 2014

資格取得留学:渡邊 敬子様

                2012年9月、ホスピタリティを勉強するため、そしてカナダの大学を卒業するためにバンクーバーに留学に来ました。 大学に入学する最初のステップとしてバンクーバーの専門学校でBusiness Administration Major in Hospitalityというコースを取りました。このコースではホスピタリティとビジネスを勉強します。最初に来た時は「日本でもそこそこ英語を勉強していたから大体はわかるだろう」と思っていましたが、いざ授業が始まってみるとテキストを読んで先生の話を聞くのがやっとで、先生に “What do you think?” と聞かれても何も答えることができませんでした。それどころか買い物をしたりバスや電車に乗ったりと日常生活でさえも一苦労でした。改めて文化や言葉の壁を痛感しました。 ホームステイでの食事も口に合わず、カナダに来て1ヶ月ぐらいで日本に帰りたい!と思いました。しかし、学校の先生、学校の日本人スタッフの方々、友達、家族、JanLinkのスタッフの方々にサポートして頂き、約1年半のクラスを終えることができました。 クラス終了後は300時間の実習のためバンクーバーのホテルで働かせて頂きました。そこではフロントデスク、ランドリー、会計課と色々なポジションで仕事をしました。 そこでも思ったのがやはり文化・言葉の壁。お客さんはもちろん他のスタッフとも英語でうまくコミュニケーションを取らなくてはなりません。 1年半クラスで勉強しましたが自分の英語力の低さを強く感じました。 今までバンクーバーで過ごしてきて1番強く感じたこと・学んだ事は「人は一人では生きていけない」という事、「自分がいかに周りの人に助けてもらっているか」という事です。人の優しさや暖かさに感動し、感謝する気持ちを持てるようになったのはバンクーバーでの生活のお陰だと思います。 2014年9月からは念願だったビクトリアにある大学に進学が決まりました。 そこでホスピタリティーマネジメントを学び、将来はカナダ又は日本のホテルで働くためにしっかり勉強し、学力的、人間的にも成長できるように頑張りたいです。