カナダ資格取得留学(専門学校):ビジネス関連資格

カナダの専門学校では、ビジネスと一言で言っても国際貿易、マネージメント、ホスピタリティーなど、それぞれに特化した内容を受講することができます。また授業後に就労経験をすることもできるプログラムを通して、学習した内容を実践的に使う機会もございますので、日本に帰国した際に経験を大きくアピールすることもできるかと思います。

 

FITT (国際貿易)

FITT: FITTの正式名称はForum for International Trade Trainingとなり、カナダ政府とカナダ貿易業界により1992年に設立された世界規模の国際貿易機関です。カナダだけでなく、FITTは北米の企業や日本の外資系企業、国際ビジネスに携わる企業で非常に高い評価を受けています。貿易実務や国際マーケティングなどの8科目を履修し、試験にパスすると FITTの資格を取得可能です。

カナダの国際貿易プログラムでは現在貿易の世界で注目されているFITTという資格試験に合格するため、
集中的に国際貿易やビジネスに関しての知識を学習することが可能です。
授業内では貿易だけではなく全てのビジネスにおいて必要となるマーケティングやビジネス戦略、人事や会計まで幅広い分野のトピックがカバーされています。

【こんな方にお勧め】
・商社や貿易に関連する会社で将来働きたい方
・今後就職活動を控えている大学生で外資系希望の方
・北米にて貿易業務のインターンを希望される方
・短期間で集中的にビジネスを実践的に学びたい方

【取得できる資格】
・ビジネス専門学校からの終了証明書
・FITTディプロマ(合格された方のみ)

【研修期間】
・サーティフィケート:3カ月または、4カ月の授業+2カ月の実習
・ディプロマ:6カ月または、6カ月の授業+2カ月の実習

 

【コース概要】 ・International Trade Finance (貿易財務)
・Legal Aspects of International Trade (国際貿易法)
・International Marketing (国際マーケティング)
・Global Business Environment (グローバルビジネス)
・International Market Entry & Distribution (物流)

・International Trade Management (流通業務・マネージメント)
・Marketing (マーケティング・市場戦略・消費行動・商品改善) ・Global Supply Chain Management (輸出入プロセス・物流計画)
・International Trade Research (リサーチプロジェクト)

⋆受講コース内容は受講プログラム/期間によって異なります。

 

 BUSINESS Management DIPLOMA (ビジネスマネージメントディプロマ)

国際ビジネス場にて十分にコミュニケーションが取れる力はもちろん、ビジネスマネージメント力、組織管理や運営などについて、そして現代の国際社会に適用するためのビジネス知識とスキルをすしっかり学んで頂けます。

 

【こんな方にお勧め】
・実践的なビジネスの力を身につけたい
・マネージメントに関して学習したい
・チームワーク、カスタマーサービススキル、コミュニケーション力を身につけたい方
・就職、転職を控えており武器になる知識と実践力を身につけたい
・英語プラスアルファで資格を取得したい

【取得できる資格】
・ビジネス専門学校からの終了証明書
・CIM(Canadian Institute pf Management)の
資格取得可能
(12カ月のHonour Diplomaプログラムで必須科目の取得によりCIMの試験受験が可能)

【研修期間】
・サーティフィケート:4カ月の授業
・ディプロマ:6カ月の授業
・Honours co-op Diploma with Specializations:12カ月の授業 +12カ月の実習

【コース概要】
・Business Management
・Business Communiction
・Business English ・Leadership
・Accounting1,2,3
・Economics(Micro or Macro)
・Social Media Marketing
・MS Excel
・Strategies Management
・Canadian Business Law
・Essencial of Marketing
・Financial Management

⋆受講コース内容は受講プログラム/期間によって異なります。

 

 

HOSPITALITY MANAGEMENT (ホスピタリティーマネージメント)

ホスピタリティー業界で必要となる人的資材、健康と安全、経営や業界知識などを学びながら、コミュニケーションスキルを養います

こちらの学校のでこのプログラムは毎週2回だけ集中して登校、受講して頂くので、
スケジュール管理がしやすく、空いた時間を有効活用して頂けます。

【こんな方にお勧め】
・ホスピタリティー力を身につけたい
・就職、転職を控えており武器になる知識と実践力を身につけたい
・世界で通用するホスピタリティーの基礎を一通り学びたい
・英語プラスアルファで資格を取得したい

【取得できる資格】
・ビジネス専門学校からの終了証明書
・American Hotel & Lodging Association(AHLA)の取得が可能
(アメリカン ホテル アンド ロッジング アソシエイション)の 略称、AHLA (アーラ) は、100年以上という古い歴史を持ち、アメリカはワシントンD.C.に本部を置くアメリカを中心としたホテル業界、宿泊施設関係の協会です。)

【研修期間】
・サーティフィケート:3カ月の授業
・ディプロマ:6カ月授業
・CO-OPディプロマ:6カ月の授業+6カ月の実習
・CO-OP Professional Diploma:20カ月の授業+12カ月の実習

 

【コース概要】
・Business Management
・Business Communication
・Business English
・Managing Housekeeper Operations
・Hospitality Facilities and Design
・Convention Management
・Marketing in the Hospitality Industry
・Managing Front Office Operations
・International Hotel Management
・Supervision in the Hospitality Industry
・Managing Hospitality Human Resources

⋆受講コース内容は受講プログラム/期間によって異なります。

 

Translation and Interpreting (翻訳/通訳サーティフィケート)

翻訳・通訳クラスでは英語、日本語力の向上にとどまらず、状況に応じた翻訳・通訳
のテクニックから翻訳・通 訳者の心得までを経験豊富な講師より学んでいただける、 独自のカリキュラムを提供しております。

【こんな方にお勧め】
・通訳士/翻訳家としてのキャリア基礎を築きたい
・総合的な英語力アップを目指す大学生
・帰国後外資系企業への就職を希望される方
・英語のスキルアップを図りどの分野でも活かせる知識を身につけたい

【研修期間】
・サーティフィケート:3カ月または、4カ月の授業+2カ月の実習
・ディプロマ:6カ月または、6カ月の授業+2カ月の実習

【授業の進め方、内容】
カナダの文化、歴史やフェミニズム、ケネディ在日大使などの
ドキュメンタリー映画やスピーチなどの動画を用いながら、
通訳とノートテイキングの技術を徹底的に身に付けます。
また、即興スピーチとそのスピーチの通訳を繰り返し行うことで
通訳の技術を磨きます。翻訳クラスでは、ネイティブ並みの
文法レベルを目標に文章作成に必要な文法と表現力を日本の 新聞などの記事を用いて重点的に学びます。

【コース概要】
・Translation (翻訳:日本語から英語)
・Translation (翻訳:英語から日本語)
・Interpreting (通訳:英語から日本語)
・Business English (ビジネス英語)
・Business Writing (ビジネスライティング)
・Business Oral Communication (ビジネス口語コミュニケーション)
・Effective Reading (速読)
・Professional Presentation (プレゼンテーション)
・Academic Writing (アカデミックライティング)

プログラム体験談

May 14, 2014

資格取得留学:渡邊 敬子様

                2012年9月、ホスピタリティを勉強するため、そしてカナダの大学を卒業するためにバンクーバーに留学に来ました。 大学に入学する最初のステップとしてバンクーバーの専門学校でBusiness Administration Major in Hospitalityというコースを取りました。このコースではホスピタリティとビジネスを勉強します。最初に来た時は「日本でもそこそこ英語を勉強していたから大体はわかるだろう」と思っていましたが、いざ授業が始まってみるとテキストを読んで先生の話を聞くのがやっとで、先生に “What do you think?” と聞かれても何も答えることができませんでした。それどころか買い物をしたりバスや電車に乗ったりと日常生活でさえも一苦労でした。改めて文化や言葉の壁を痛感しました。 ホームステイでの食事も口に合わず、カナダに来て1ヶ月ぐらいで日本に帰りたい!と思いました。しかし、学校の先生、学校の日本人スタッフの方々、友達、家族、JanLinkのスタッフの方々にサポートして頂き、約1年半のクラスを終えることができました。 クラス終了後は300時間の実習のためバンクーバーのホテルで働かせて頂きました。そこではフロントデスク、ランドリー、会計課と色々なポジションで仕事をしました。 そこでも思ったのがやはり文化・言葉の壁。お客さんはもちろん他のスタッフとも英語でうまくコミュニケーションを取らなくてはなりません。 1年半クラスで勉強しましたが自分の英語力の低さを強く感じました。 今までバンクーバーで過ごしてきて1番強く感じたこと・学んだ事は「人は一人では生きていけない」という事、「自分がいかに周りの人に助けてもらっているか」という事です。人の優しさや暖かさに感動し、感謝する気持ちを持てるようになったのはバンクーバーでの生活のお陰だと思います。 2014年9月からは念願だったビクトリアにある大学に進学が決まりました。 そこでホスピタリティーマネジメントを学び、将来はカナダ又は日本のホテルで働くためにしっかり勉強し、学力的、人間的にも成長できるように頑張りたいです。