有給インターンシッププログラム (WPS: Work Placement Support)

花田美栄子様

JANリンクの有給インターンシッププログラムはWORK PLACEMENT SUPPORTを略してWPSと呼ばれています。

このプログラムは、ある程度英語力がついたら都市部を離れたリゾート地やカナダの田舎町で、地元のカナダ人や世界各国から来た方と仕事を通して交流を図り、現地ならではの環境の中お給料をもらいながら働くというワーホリ専用プログラムです。

英語環境で働きたい、という方から予算が少なくカナダで貯金をしながら生活をしたい、という方にお勧めです。

WPSプログラムがお勧めな理由

カナダの就職活動は日本のように情報DSC_0058がたくさんインターネットに溢れているわけでもなく、自分の力で積極的に動く必要があります。

ワーホリの方の英語力は様々ですが、学校に行ってある程度英語が話せるようになっても英文の履歴書を書いたり面接をしたりなど言語やマナーの違いで苦労することから、海外で仕事を見つけるのは容易なことではないと多くの先輩留学生からの相談を受けました。

そこで今大人気になっているのがこのお給料をもらえる有給インターンシップです!
面接練習などの研修をしっかり短期集中で行い、その後みんなが希望する英語環境でお給料をもらえる仕事を手配していきます。

このプログラムに参加された方々からは「就職活動に本来ならば費やす時間とエネルギーを職場ですぐに発揮出来るので、1年間と限られたワーホリ生活を送るには最高」という感想を頂いております。

英語環境の中、お金を稼ぎながらカナダ生活・ワーホリの時間をしっかり楽しめるイチオシのプログラムです。滞在は世界から来たワーキングホリデーや就労ビザを持った仲間と一緒に寮で生活しますので生活費も安くつき多くの方が貯金をしてバンクーバーに戻って来ることが可能です。

プログラムの概要

★参加資格★
・18歳以上でワーキングホリデービザ保持者
・4ヶ月以上働ける方
・英語力がTOEIC450以上または同等レベルの方

★スケジュール:お申し込みから派遣までの流れ★

【語学学校に入学する場合】
日本/カナダ現地からお申し込み

カウンセリングを通して、学校へ通う期間や働き始める時期を決定

カナダ渡航

学校に通いながら、英語力アップ

派遣1ヶ月前から学校の後に週1で研修

派遣予定のホテルと面接

合格!!
雇用確認レターにサインをして派遣先へ移動する準備

ホテルがある地域に移動をしてお仕事開始

【語学学校に行かない場合】
(語学学校に通うことを希望されない方は参加前に英語面接を行います)

日本にいる間からスカイプや電話で研修開始

カナダにワーホリビザで渡航

派遣予定のホテルと面接

合格!! そのまま派遣先へ渡航、お仕事開始

★面接前の研修内容★
・英文履歴書の書き方トレーニング
・この応募者と話したい!と思わせる履歴書作成方法
・履歴書上での自分の売り込み法

-北米と日本の面接マナーの違い
-面接の受け方集中講座

-電話面接トレーニング
・英語でのアピール方法
・質問例特集で面接対策
・熱意が伝わる回答の仕方を徹底特訓!

★参加者の声はこちらから★
http://vimeo.com/janlink/videos

WPSプログラムQ&A

Q: 語学学校は好きなところを選べるのですか?

A:はい、お選び頂くことが可能です。語学学校に関するご要望(国籍率・授業内容・選択授業・学校の大きさ・設備)を出来るだけたくさんお知らせください。
そのご要望に合わせてお勧めの語学学校をお見積もりも含めてご案内します。

語学学校リスト(一部):語学留学ページへGO

Q: 英語は話せるので学校に行かなくても参加出来ますか?

A: はい、事前に英語力チェックを受けてもらい合格した場合は
語学学校に行かずにそのまま研修を受け、派遣先で働くことが出来ます!

Q: 時給はどれくらい稼げるの?

A: ポジションや経験、期間にもよりますが平均$11-$12です。
場所によっては$13や$16もらえるところもあります。

Q: 参加する人の年齢と性別を教えてください。

A: このプログラムはワーキングホリデーの方専用のため、参加されるのは18歳から30歳の方です。
予算が少ない休学組みの大学生や会社をやめて1年間海外生活を希望される方が多いです。
もともとワーキングホリデー全体の人数も女性の割合が多いので、性別としては女性が6割、男性が4割となっています。

Q: ポジションは何になりますか?

A: 通常はハウスキーピングやディッシュウォッシャーなど裏方の仕事となります。
長い間働いたり能力が認められるとキッチンのお仕事を手伝ったり、フロントで1日だけお手伝い出来たりなど別の仕事を経験出来る方も今までいらっしゃいました!
裏方業務でもしっかり仕事をするとお給料が上がることもあるので、責任感を持って働いて頂けるよう皆様にはお願いしております!
このプログラムは、スキルやキャリアアップというよりは、お金を稼ぎながらカナダ人や様々な国の方と一緒に働き、英語の向上やカナダ文化に対する理解を深めることが一番の目的となので英語やキャリアなどは心配しないでどんどんお申し込みください★

Q: インターンシップを行う場合、カナダに着いてからお仕事を決めるのですか?

A: そうですね、こちらで提携のあるホテルから皆さんが働き始められる時期に求人しているところから決まります。私たちが履歴書の研修、面接の研修をして、面接先までご紹介しますので参加者の皆さんは面接に受かればお仕事+寮が用意されることになります。この3年半で派遣率は100%なのでご安心くださいね^^

Q: お仕事の探し方などはワーキングホリデーと同じなのでしょうか。 自分で探して、面接受けて受かれば、語学学校と並行で働くという感じなのでしょうか?

A. 有給インターンシップのお仕事開始は語学学校(またはその他バンクーバーでのプログラム)が終了する時期に合わせて手配しています。語学学校と並行してのインターンシップはできません。

面接前の研修は語学学校の期間中に行われますが、学校に支障が出るくらい厳しい研修ではないので大丈夫ですよ。インターンシップ先候補との連絡や面接等はこちらで全部セットアップするので、面接前の研修を受けて頂く以外は時間を割かれることはありません。

Q: 行ってからどれくらいお金がかかりますか?

A: 寮はだいたい1ヶ月$400くらいです。贅沢をしなければ食費やその他交際費等をいれても出費はだいたい1ヶ月$700~$800くらいで納まりますね。お給料が良いところは寮費が$500だったりしますが、お給料と寮費を総合的にみると大体同じくらいの出費になります。

Q: 皆さん貯金出来ている感じなのでしょうか。^^;

A: 出来ていますよ、これは嘘じゃなくて本当に出来ています!半年働けば最低$3,000、中には$6,000稼いで学校にいったりその後ヨーロッパ旅行をしたりなどされています。

例えば、時給$11でフルタイム働くと税金などを引かれても手元に$1,300ほどは残ります。家賃に$400引かれたとしても手元には$900、飲みに行ったり買い物をしてもだいたい月に$500~$600は残る計算になります。6ヶ月働くと$3,000以上は貯金できるでしょう。
時給がもう少し高いところで働きぶりを認められ、半年で70万円ほど稼がれた参加者の方もいますよ、皆さんも頑張ってください★

Q: 場所はどこになりますか?

A: 働く場所はバンフやロッキー山脈近くのリゾート地や他州の田舎町にも派遣をしています。場所の指定は基本的には出来ませんが、それぞれの町の特徴を説明してリクエストをお伺いすることは可能ですよ!

Q: どこに滞在するの?

A: ホテルで働いている間はホテルが用意する寮にて他の労働者と共同生活を送ります。ホテルによってはそのホテルに入っているスタッフ寮で生活することもあります。生活費はバンクーバーや都市部の半分ほどになり、滞在費用はお給料から天引きされるので初期費用があまりない方にもお勧めですよ!

Q: プログラムに参加するのはどれくらいの期間ですか?

A: 最低でも4ヶ月ほど働ける方を優先的に派遣しています。平均は6-7ヶ月です。
一番多い留学パターンは12週間語学学校+WPSで6ヶ月働く+残り期間で学校・旅行という感じです。語学力が初めからある方は1年間まるまるこのプログラムを使って働く方もいますよ!

Q: プログラムが終わった後はみんな何をしてるの?

A: 今までの例でいくと60-70%くらいの参加者がプログラム終了後に貯めたお金を使って学校へ通われています。
学校の種類としてはビジネス英語、ビジネス関連プログラム、児童英語講師資格、TOEICスコアアップ、翻訳通訳など最大でも12週間ほどで取れる短期の資格を目指す方が多いです。
みなさんその頃には英語力もついているので帰国前に何か目に見える証明書を希望されるますね。
残りの方はそのまま貯金を日本に持ち帰ったり、カナダやアメリカ、ヨーロッパを旅行して帰られる方も多くいらっしゃいます。

資格の種類はこちらをご参照ください:カナダ留学資格一覧のページへGO

(学校や旅行に関してはビザの関係がありますので一度お問い合わせください)

プログラム体験談

img_0146

April 19, 2017

有給インターンシップ:Y.U様

              仕事:まずはじめの2日間トレーニング。一人トレーナーが付くので、その人に付いて一通りの仕事の流れを教わります。3日目から独り立ち。朝、自分の担当の客室が割り振られている紙を受け取り、タオルやアメニティなど担当分の物を準備します。チェックアウトは11:00なので、早めにチェックアウトした部屋もしくはステイオーバーの客室から清掃を始めます。 11:30にはランチ休憩を取ります。チェックインは16:00なので、次の予約が入っている部屋は15:00までに仕上げなければなりません。その日によってステイオーバー、15時までに仕上げなければならない部屋、客室数など違うので、優先順位と時間を考えながら仕事をしていきます。 部屋の最終チェックはスーパーバイザーがします。何か部屋に不具合や困ったことがあれば、担当のスーパーバイザーに相談します。忙しくて手が回らないようであれば、スーパーバイザー達はベッドメイキングなど手助けしてくれます。分からないことがあれば、彼らにどんどん質問して、さっさと仕事を覚えたら、あとは仕事自体に難しいことはないと思います。ただ、忙しいと時間までに間に合わせるのが不可能に思えてきます。実質、最終チェックまでは一人で仕上げなければならないので、ある程度要領よくやっていかないと間に合いません。しかし、日本みたいに皆几帳面ではありません。ある程度大雑把に、チェックすべき所をおさえ、基準を満たしていればOKなところがあります。素早く仕事をするということが大切で、求められています。 自分の担当の部屋が終わると、使われたシーツやタオル、ゴミなどを事務所に集め、仕分けをし片付けをします。皆の仕事が終わり、片付けも全て終了したら終業です。 私は冬期に行っていたので、閑散期がありそれほど忙しくない日も多々ありました。そんな日はディープクリーニングをして、普段手が届かない所を清掃したりもしました。 夏期はとても忙しいそうで、ほとんどのゲストが一日だけの滞在でほぼ満室だそうです。ゲストがステイオーバーしなければ、ハウスキーパーはとても忙しく、新しいゲストを迎えるために自分の担当の部屋をチェックインまでに仕上げなければなりません。客数も多いので、後片付けの量も膨大になり遅くまで働くようになります。夏期は毎日それの繰り返しだそうです。その分、人も増え、スーパーバイザーも手伝ってくれるので大丈夫だと思います。忙しい分稼げるし、なにより夏のバンフは最高に綺麗だと聞きます。   感想:仕事において、きちんと結果さえ出していれば彼らは細かい事を色々言いません。その人の判断をとても重視しています。朝、自分の担当する部屋にまだゲストがいて、チェックアウトするのを待っていると、何もすることがなくボーっとすることもありました。でも文句は言われません。要は時間までに結果を出せばいいのです。とても寛容なように思いました。日本だとボーっとしているだけで怒られたように思います。それは髪型やヒゲ、ピアスなど見た目にあまり拘束されないというのにも通じているように思います。本当に各々を尊重しています。だからこそある程度自分の考えをちゃんと伝えないといけないし、自分の考えを言わなければ何も理解されません。職場の人達と打ち解けたければ、やっぱりどんどん話していかなければならないと実感しました。ほとんどの人はとてもフレンドリーなので話しかけたら親身に、喜んで話をしてくれます。仕事において良い意味で適当にやれ、あまり干渉されない環境は私にとって心地よいと感じるものでした。仕事をするということは、カナダの実際の国民性、社会性を理解することができる良い機会だったように思います。   生活:職場の周りにはお店と行った物が全くありません。実際、私のような車の無い人がどうするかというと、まずはスタッフトリップに参加します。ハウスマネージャーが月に2、3回不定期で街まで車を出してくれます。もしくはリクエストがあれば直接ハウスマネージャーにお願いするのも有りです。つぎは車を持っている人にお願いするです。皆その辺は協力し合っているので、都合が合えば快諾してくれるし、よく「出掛けるけど何か要る?」とか「休みなら一緒に行く?」と聞いてきてもくれます。あとはフェイスブックでグループが組まれているので、そこでお願いする事もできます。グループ上では皆で共有すべき情報や、シェアしたい事などを投稿しています。そういったものを通じて、みんなとは自然と自分の部署だけではなくホテル全体の人とつながり、仲良くなっていける場所でした。実際、車があればなぁと思ったのは確かで、観光するにも移動するにも車は不可欠な環境でした。   自由時間:カナダは労働時間が日本に比べゆとりがとられ、自分の時間を多く与えられたので、自由時間は沢山持てたように思います。周りには何も無いので、する事は限られますが、自然が好きな私は気ままに過ごしました。周り人は、ウィンタースポーツをしたり、犬と散歩したり、走ったり、ジムがあるので鍛えたり、ボートに乗ったり、様々です。 寮にはコモンルームがあるので、そこでテレビを見たり、映画みたり、裏庭で焚き木をしてキャンプみたいに囲ってお酒飲んだり、結構みんなパーティーが好きな人たちでした。   感想:私がここで働いていた時、日本人はもう1人いました。実際、その子とは部署が違い生活時間も違うので、あまり会うことがありませんでした。ルームメイトもはじめはドイツ人の子、次はケベック出身の子でした。カナディアンが多く、その他国籍様々、アジア人は少なく、100%英語環境でした。 まだ英語が得意と言えず、あまり自己主張せず、大人しい私は、孤独でもありました。でもいつも誰か気に掛けてくれる人がいてくれたように思います。みんな本当にいい人ばかりです。インド人のスーパーバイザーにはいつも、もっと話しなよと言われてたし、同僚には、分からなかったら怖がらず聞き返してと言われました。英語に抵抗感を感じていましたが、俺たちは元々言語が違うんだから、お前が英語を話さなければ理解し合えない、そしてお前が自分のことを話さなければ俺はお前を理解できない、一緒に働いているんだからお前は英語が下手でももっと話すべきだし、それが話せるようになる近道だと言われました。そんな風にいつも周りの人達に背中を押されていたように思います。正直、英語がうまく話せないことで苦悩ばかりでしたが、相手の言っている事を理解する力は格段に伸びたように感じます。そして自分の足りない英語の課題がさらに明確になっていったように思います。英語を本腰入れて勉強し始めて、1、2年でネイティブと問題なく話せ理解ができるようになるとは思いません。彼らの英語はとても早く、知らない単語の連続です。でも、ネイティブ達のリアルな考え方、会話の仕方、やりとりを肌身で感じ、彼らと一緒に生活をすることは、決して日本では出来ない体験です。自分の日本での凝り固まった価値観を崩し、どうしてカナディアン達がおおらかで、人生を楽しく生きる生活の仕方ができているのか、直接感じる事ができたように思います。    

%e3%83%9e%e3%83%84%e3%83%80%e6%a7%98

March 2, 2017

有給インターンシップ:松田 寛史様

  私は有給インターンシップで2016年10月から2017年3月まで約5か月間参加しました。 バンフではハウスキーパーとして働きながらスタッフ寮に住み、休日はスキーをしたり、ダウンタウンで友人とディナーを食べたりして楽しみました。 今日はこれからこのプログラムに参加される方が有意義な時間を過ごすために私のバンフでの生活を振り返りシェアしたいと思います。 まず初めに楽しく過ごす為に最も大切なことは素敵な友人を見つける事です。 率直に言えば、バンフは都会ではないのでショッピングをして1日楽しんだり、街中の娯楽施設で1日遊んだりすることは不可能です。 私にとっては友人とパーティーをしたり、一緒にジムやスキー、スノボに行く事がバンフで一番楽しかった事です。私の場合にルームメイトと同僚に恵まれたので、友人を作るのは難しくはなかったです。バンフには英語学校やボランティア募集なども多くあるので英語力が不安な方でもそういったコミュニティーに積極的に参加して明るくコミュニケーションを取っていけば、すぐに友達ができると思います。一生の友達、また会いたいと思える仲間がたくさんできました。 次にバンフの気候です。 バンフは本当に寒いです。私の過ごした期間での最低気温は-30℃でした。平均気温も-10~-15℃(冬期)くらいだと思うので厚手のジャケットは必須です。 バンフは観光地であり、物価が高いです。日本やバンクーバーから防寒具を持っていかれる事をオススメします! 凍えるような寒さですが、その寒さがもたらす自然の多くは圧巻です。言葉では言い表せられないような絶景が待っています。ぜひカメラを忘れずに持って行って下さい。 最後に英語についてです。 バンフは多くのネイティブスピーカーが居ます。英語中級レベルの私にとっては最高の環境でした。しかし私もリスニングやスピーキング力が皆無の状態で行っていたら相当苦労したと思います。 バンフに行く前に語学学校などに通い、ある程度英語力を磨いてから行かれる事をオススメします。ある程度のレベルの人であれば、とても有意義な時間を過ごす事ができ、英語力も格段に伸びると思います。 皆さんの留学が成功する事を祈っています!

image(1)

August 6, 2016

有給インターンシップ:五反田 沙由梨様

    私は日本人が少ない所に行きたいと思いアルバータ州の小さな街に来ました。田舎だと聞いていましたが着いてみると思っていたよりも小さく、日本人の方も1人しか会いませんでした。海外で働くことに少し不安もありましたがマネージャーの方、ホテルのスタッフさんが優しくきちんと教えてくれたので楽しく働くことができました。   もちろん仕事以外にも楽しいことがいっぱいでした!thanksgivingやchristmasなどの行事はもちろん盛大なのですが週末や誕生日ごとにパーティーがあり、また!?って思うほど(笑)小さい頃習っていたバレエにまた挑戦し、発表会にも参加するなど積極的に現地の人と触れ合うようにしました!   マネージャーであるホストマザーはとてもフレンドリーで、私が行ったことのないところに行こう!と言ってCaliforniaやBanffなど色んな所に連れて行ってくれて飽きることがありませんでした。   また彼女の紹介でキッチンのディッシュウォッシャーをしたり念願だった接客業、日本食レストランのサーバーとして働くことができ充実した毎日を送ることが出来ました(*^^*)   肝心の英語力ですが来たすぐと比べると大分伸びたね!と言われることが多く、これも 小さい街だからこそ人と人とのコミュニティーが濃く沢山話す環境だったからかなと思いました。 カナダならではの貴重な体験が出来たのも今までお世話になったJANLINKのみなさんやこの街で関わった全ての人のおかげです!本当にありがとうございました!1年間あっという間でしたがここで学んだことを次のステップに活かしていきたいと思います!