ボランティア留学

December 29, 2016

カテゴリー:カナダ:ボランティア留学

幼稚園ボランティア:井上 麗子様

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b3%e6%a7%98%e2%80%905

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b3%e6%a7%98%e2%80%904

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は2つの幼稚園でボランティアをしました。
どちらもモンテッソリー教育の行き届いた幼稚園でしたので少し厳しく感じました。ですがそのぶん、2歳から4歳の子供達はとてもお利口でした。

 

大学でフランス語を専攻しており、教育には全く関係ありませんし経験もありませんでした。
しかし、『生きた英語』を学びたいという想いから幼稚園でのボランティアに参加することを決めました。
1つ目の幼稚園には、私の他に2人のボランティアの方がいました。日本人がいないことを条件に探して頂いたので日本人ゼロの環境で頑張りました!

 

先生が4人で生徒は午前と午後あわせて40人程いたので最初は名前を覚えるのが大変でした。しかし、先生はそんなことおかまいなしに『生徒のバッグをそれぞれのロッカーに片づけておいてね~』などと言ってくるので最初は本当に無理だ。。。と心が折れそうになりました。

 

ですが、わからないことは積極的に聞くことで先生も信頼してくれますし英語力アップにも繋がります。他の2人のボランティアの方々は英語がペラペラで先生達にも信頼され褒められていて、私は本当に自分の英語力にも自身がなくアクティビティーも他のボランティアの方に比べると何もできなかったので最初は不安と自身のなさ、英語力のなさに本当に辛かったです。そんな私に先生から『もっと、子ども達と会話しなきゃダメよ!わからないことは積極的に聞いてね!』とアドバイスを頂きました。それから、わからないなりに他のボランティアの方たちの言い方を真似してみたり積極的に話しかけたりと自分なりの努力をしました。また、自分から仕事を探してボーっとしている時間がないように心がけました。2週間目~3週間目にかけては自然と子ども達の名前も覚えることができ、仕事もパキパキとこなせるようになりました。

 

ボランティアも終わりにさしかかった頃、クリスマスの発表会が行われました。そこでは、歌やダンス、劇を披露しました。先生達は私に、子ども達の立ち位置の確認やダンスの担当を与えてくれました。私はフランス語ができたということもあり、歌の中にフランス語があったのですが練習の時には先生がいつも『French Teacher Come!』と言って私が教えていました。最後には、このような仕事も与えてくださり『We will miss you 』と言って必要として下さるようになったりと、とても嬉しく思います。それは、私が諦めず自分なりに努力したからだとわかり達成感でいっぱいでした。この経験では英語力の他に大きな自信を得ることができ本当に良かったです!!!

 

最初はとても大変で戸惑うことも多々ありくじけそうになるかもしれません。私はそんなことは最初の1週間くらいであとは子ども達の笑顔で乗り越えられました。

 

たとえ英語がわからなくても自分なりの言葉と身振りで伝えようという姿勢には先生も子ども達も必ず応えてくれます。自分を閉ざさないことが大切です!GOOD LUCK!!!!