ワーキングホリデー留学

有給インターンシップ:石村 理恵様

123

 

私は大学を一年休学してワーキングホリデーでカナダに来ました。最初の6ヶ月はVancouverで語学学校に行った後、Banff に移りホテルで有給インターンを始めました。9月にBanff に移り5ヶ月間ハウスキーパーとバリスタとして働きました。

Banff は夏がとても忙しく、引っ越してからすぐ週6日働く日々が始まりました。時間としては朝9時から夕方の4時まで働いていました。同僚は日本人、チリ人、タイ人、チェコ人、フィリピン人、カナダ人、イギリス人と世界各国からきている人達だったので、仕事は大変でしたが、英語の勉強にもなったし、仕事中も楽しく過ごすことができました。Banffではスタッフアコモデーションに住んでいて、私は一つの部屋、バスルーム、トイレを二人でシェアで部屋もとても綺麗だったので、環境には恵まれていたと思います。同じスタッフアコモデーションには、同じ会社の系列の他のホテルやレストランで働いている人達も住んでいて、そこからまたたくさんの友達をつくることができました。働き始めて一週間経って、セカンドジョブとしてスターバックスでも働き始めました。最初は大変でしたが、同僚の皆がとても優しかったので、すぐに馴染む事ができました。最初は仕事を2つするのは大変でしたが、毎日とても充実していて、楽しかったです。

Banffに行って良かったなって思うことの1つ目は、休みの日にアウトドアで遊べることです。夏はレイクに行ってカヤッキングしたり、近くの山でハイキングしたりしました。冬は凍ったレイクにアイススケートをしに行ったり、暇さえあればスノーボードをしに行っていました。そして2つ目は、人との距離がとても近かったことです。Banffの町はとても小さく端から端まで歩いても30分くらいの大きさしかありません。その分みんなが遊びに行く先も同じなので、毎週会ううちに友達になっていき、たくさんの友達を作ることが出来ました。

最初は仕事もきつかったので、辞めたいと思ったこともありましたが、最終的には本当にBanffに行って良かったなと、できることならBanffに戻りたいと思います。次の私のプランは、Banffでできた友達と一緒にオーストラリアに行く事です。そんな友達を作ることができたのも、この有給インターンシップのプログラムに参加したからなので、本当にこのプログラムに参加してよかったなと思います。