カナダ:ボランティア留学

262075_123317357752589_100002229755362_189466_2274163_n

近年は海外ボランティアをすることで単位を出す大学も増えており、社会でも昔よりその経験を高く評価されるようになりました。

JANリンク留学サポートでは短期1週間から参加出来る海外ボランティアプログラムを提供しています。海外志向の強い大学生や休みが限られている社会人の方々に多くご利用頂いており、リピーターも多い大好評の短期プログラムです。

カナダ・バンクーバーで海外ボランティアを体験し、楽しく英語を使って将来に役立つ経験を一緒に作り上げましょう。

JANリンクだから安心の理由

・派遣先はスタッフが一つ一つインタビューを行っているので安心
・ボランティアに必要な書類のご案内
・初日はボランティア先までスタッフが同行
・困った時はいつでも現地オフィスにて日本語で相談が可能
・空港ピックアップやホームステイ先手配も含まれていて安心

【ボランティアはこんな方にお勧め!!】
・語学学校で英語を学ぶだけではなく現地の人と交流を持ちたい
・現地の子どもたちやお年寄りと一緒に楽しく時間を過ごしたい
・新しいことにチャレンジをしたい
・英語にあまり自信はないけど積極性はある
・海外の幼児教育や福祉に興味がある

ボランティアの種類と活動内容

【バンクーバー:チャイルドケア:幼稚園・保育園・託児所】鈴木麻代様 (4)
カナダにある託児所や保育園、幼稚園にてボランティア活動を行うプログラムです。
子どもが大好き♪海外で語学学校とは違う何かをしたい!大学の単位が欲しい!海外の教育を見てみたいなど、様々なご希望に添えるのでお気軽にご参加ください!
毎月のイベントやアクティビティを企画したり、子どもたちと一緒に笑顔溢れる留学生活を送れますよ★

【スケジュール例】
1.9:00-15:30 幼稚園でフルタイムの活動

2.9:00-12:00 幼稚園の活動
13:00-14:30 語学学校で英語レッスン受講

*留学中のプランは英語レッスンやボランティアを取り入て好きなように組めますのでぜひお問い合わせください!

【活動内容】
・歌や工作活動
・アルファベットや数字の勉強
・昼食準備 /手伝い
・お散歩付き添い
・おやつの時間


【バンクーバー:シニアケア施設ボランティア】

高齢化社会に伴い、介護に関連する職業を希望される方も増えてきました。
日本で看護士、介護士として働かれていた方だけではなく、将来医療関係の仕事に就きたい方や、福祉1日ボランティア@シニアセンター (1) - Copy関係の仕事に興味がある方、またはお年寄りと触れ合う中でカナダの文化や英語に触れたい方にお勧めです!
ボランティア活動を通して、北米での介護システムを実際に体験することができ、またカナダ人スタッフやお年寄りと交流することによって飛躍的なコミュニケーション能力の向上も期待出来ます。

【活動内容とスケジュール例】
-平均活動時間:9:00-14:30
-活動内容例:
・歌やダンス等アクティビティーのお手伝い
・ウォーキングクラスアシスタント
・昼食準備
・お散歩/車椅子介助
・室内にて映画やテレビ鑑賞
・おやつの準備/食事介助手伝い
・月/週ごとのイベント準備

【バンクーバー夏休み限定:サマーキャンプリーダーボランティア】
このプログラムでは夏季限定で行われるカナダ・バンクーバー現地のコミュニティセンター(市から認められている公民館)主催のサマーキャンプにて、キャンプリーダーアシスタントとしてボランティア活動に参加します。
小学1年生から中学3年生までの地元の子ども達が学校のない時期に利用するサマーキャンプになりますので、カナディアンの子どもたちとプール遊び、工作、遠足、スポーツなどのアクティビティを通して触れあうことが出来ます。
子どもが小さすぎるのは苦手だけど小学生以上であればボランティアに参加してみたい方や実際に行われている北米リーダー教育を体験し、日本に帰国後の進路や就職に役に立てたいと希望される方にもお勧めです。

【活動内容とスケジュール例】
-開催期間:
7月・8月

-平均活動時間:9:00-15:30
-活動内容例:
・遠足付き添い
・地元の自然公園にてピクニック
・室内ゲーム/工作手伝い
・ビーチ遠足への同行
・主催地公園にてスポーツデー
・博物館/美術館/国立庭園への遠足
・夏休みの宿題のお手伝い

ボランティアプログラム概要

【活動場所】カナダ・バンクーバー

【活動期間】1週間~12週間
(12週間以上ご希望の場合はお問い合わせ時にお知らせください)

【参加日次】
通常は日本を日曜日に出発して同日日曜日にバンクーバー到着、その日はホストファミリーと交流を深めバス停や駅の場所を確認。
翌日にボランティアの面接へ行きそこから活動スタートです。
活動終了後は土曜日、又は日曜日にバンクーバーを出発して翌日日本へ到着。

*平日出発や延泊を希望される場合はお問い合わせ時にお知らせください。

【滞在先】 ホームステイ
通常は英語環境で1日3食がついているホームステイ滞在になりますが、長期で滞在する方で予算がある方はホテルを予約したり、家具つきのコンドミニアムを希望される場合もあります。ただ、滞在の費用がかなりかかってしまうため95%以上の方はホームステイを滞在先として選ばれています。

【ボランティアプログラムの参加資格】
・19歳以上の男女
・TOEIC400、または同等レベルの英語力
・日常会話が出来る方でボランティア活動に興味のある方
・日本で無犯罪証明書の取得が可能な方 (取得方法はご案内致します)

 

ボランティアプログラムQ&A

Q: ボランティアにはどんな種類があるんですか?

A: 幼稚園や託児所、デイケア、保育園などの子どもに関わるボランティア、お年寄りと一緒にアクティビティやイベントを楽しみ食事のお手伝いなども体験するシニア施設での活動、夏限定でカナダ人の子どもが参加するサマーキャンプでのボランティアなどがあります。

Q: 英語レッスンも受けられますか?

A: はい、ボランティアを半日、前後に語学学校へ行って英語レッスンを受けることが出来ます!

Q: どれくらいの期間ボランティアするんですか?

A:最短で1週間から参加が可能ですが日本からボランティアをするために来られる方は2-4週間の参加が多いです。カナダにすでにワーホリや学生でいらっしゃる場合は、8週間などの長期で参加されるケースが増えています。

Q: ボランティアプログラム参加に必要な英語力はどれくらいですか?

A:どのボランティアでも現地の子どもやお年寄りと接するプログラムなので、日常会話程度の英語力があると良いですね!高い英語力は必要ないので、どんどんお問い合わせください。

Q: 毎日どれくらいの時間ボランティアしますか?

A: ボランティアの種類や施設にもよりますが、9時から12時のところもあれば、9時から4時までのフルタイムのところもあります!土日はお休みです。

Q: 場所はどこですか?

A: バンクーバー市内やバンクーバー近郊になります。公共の電車やバスで通えるところでお手配しますのでご安心ください!

Q: どんな人がボランティアに参加するんですか?

A: 子どもやお年寄りと接する事が好きな方に最適なプログラムです。子どもが大好き!海外で何か新しいことをやってみたい!という方が多いです。大学生の方であれば専攻分野を実践的に活かすために参加されたり、海外でボランティアすることで大学から単位をもらえるという理由でお申し込みをもらうことも多いです。社会人の方の中には今までの経歴を活かして海外で新たなことに挑戦したい、同じ分野で働いていて海外でも経験してみたい!とご希望される方が多くなっています。

Q: ボランティアのメリットは何ですか?

A: 幼稚園であれば子どもは英語が話せないなどは気にせずどんどん話しかけてくれるので、学べる事がとても多くコミュニケーションに自信がつきます。シニア施設であれば、利用者のお手伝いはもちろんですが人生経験が豊富な方々とたくさんお話し出来ます。『Thank you!』 の一言がとても支えになる事にきっと気付きますよ!また海外ではボランティアは職務経験としてみなされるので日本帰国後の就職活動にも役に立ちます。

Q: ボランティアでもSINナンバー必要ですか?

A: ボランティアの際には必要ありません。

Q: ボランティアプログラム参加費には何が含まれているんですか?

A: ボランティア施設との顔合わせ用の研修と幼稚園へ持参する自己紹介レターなどを作成します。現地のスタッフが初日の顔合わせへ同行し、ボランティア参加中のサポートなどが含まれていますので安心して参加して頂けます。

Q: いつでもボランティアプログラムに参加することは可能ですか?

A: 時期と期間にもよりますが通常はクリスマスの時期を除き参加が可能です。ただサマーキャンプは7-8月の期間限定です。

Q: 申し込み期限はいつですか?

A:その他の幼稚園やシニア施設はその時の時期により、直ぐに参加することも可能です。人気のプログラムのため遅くとも1ヶ月半前までにはお申込み頂くとスムーズです

Q: ボランティア参加中はどんな生活ですか?

A: それぞれの施設にて活動時間が違いますが、幼稚園によっては1日のところと半日のところがあります。空いた午後や週末は自由時間ですので、リフレッシュする時間もあり頭を切り替えて参加していただけますよ!週末は日帰りでいけるビクトリアやシアトル旅行への参加が人気です。

Q: ボランティアプログラム参加に必要な物は何ですか?

A: 無犯罪証明書を日本からの参加者の方は日本の警察で、現地にいらっしゃる場合はカナダの警察に申請をし、取得しなければいけません。こちらで必要な書類をご案内致しますのでご安心ください。

Q: どれくらい前に準備を始めたらいいですか?

A: 無犯罪証明書の取得などが必要になるので興味を持たれたら、まずはご相談ください。参加希望時期、希望ボランティア内容などを伺い、その時の施設の状況を踏まえて開始時期や必要なものをご案内致します。

 

プログラム体験談

%e3%82%a4%e3%83%8e%e3%82%a6%e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%82%b3%e6%a7%98%e2%80%904

December 29, 2016

幼稚園ボランティア:井上 麗子様

                    私は2つの幼稚園でボランティアをしました。 どちらもモンテッソリー教育の行き届いた幼稚園でしたので少し厳しく感じました。ですがそのぶん、2歳から4歳の子供達はとてもお利口でした。   大学でフランス語を専攻しており、教育には全く関係ありませんし経験もありませんでした。 しかし、『生きた英語』を学びたいという想いから幼稚園でのボランティアに参加することを決めました。 1つ目の幼稚園には、私の他に2人のボランティアの方がいました。日本人がいないことを条件に探して頂いたので日本人ゼロの環境で頑張りました!   先生が4人で生徒は午前と午後あわせて40人程いたので最初は名前を覚えるのが大変でした。しかし、先生はそんなことおかまいなしに『生徒のバッグをそれぞれのロッカーに片づけておいてね~』などと言ってくるので最初は本当に無理だ。。。と心が折れそうになりました。   ですが、わからないことは積極的に聞くことで先生も信頼してくれますし英語力アップにも繋がります。他の2人のボランティアの方々は英語がペラペラで先生達にも信頼され褒められていて、私は本当に自分の英語力にも自身がなくアクティビティーも他のボランティアの方に比べると何もできなかったので最初は不安と自身のなさ、英語力のなさに本当に辛かったです。そんな私に先生から『もっと、子ども達と会話しなきゃダメよ!わからないことは積極的に聞いてね!』とアドバイスを頂きました。それから、わからないなりに他のボランティアの方たちの言い方を真似してみたり積極的に話しかけたりと自分なりの努力をしました。また、自分から仕事を探してボーっとしている時間がないように心がけました。2週間目~3週間目にかけては自然と子ども達の名前も覚えることができ、仕事もパキパキとこなせるようになりました。   ボランティアも終わりにさしかかった頃、クリスマスの発表会が行われました。そこでは、歌やダンス、劇を披露しました。先生達は私に、子ども達の立ち位置の確認やダンスの担当を与えてくれました。私はフランス語ができたということもあり、歌の中にフランス語があったのですが練習の時には先生がいつも『French Teacher Come!』と言って私が教えていました。最後には、このような仕事も与えてくださり『We will miss you 』と言って必要として下さるようになったりと、とても嬉しく思います。それは、私が諦めず自分なりに努力したからだとわかり達成感でいっぱいでした。この経験では英語力の他に大きな自信を得ることができ本当に良かったです!!!   最初はとても大変で戸惑うことも多々ありくじけそうになるかもしれません。私はそんなことは最初の1週間くらいであとは子ども達の笑顔で乗り越えられました。   たとえ英語がわからなくても自分なりの言葉と身振りで伝えようという姿勢には先生も子ども達も必ず応えてくれます。自分を閉ざさないことが大切です!GOOD LUCK!!!!

kids yoga

October 6, 2016

幼稚園ボランティア:マスダミカ様

カナダに到着してからは不安でいっぱいでしたが、オリエンテーションを受け、チャイルドケアーの園長先生に会うと笑顔で歓迎してもらえほっとしました。 園長先生をはじめ、皆さんとっても親切で、私の下手な英語をしっかりと聞いてくれました。一ヶ月のボランティアを通して、日本の幼稚園や保育園との違いを大変感じ、新鮮な毎日でした。特に私が興味を持ったのは、Yogaのクラスです。小さな子どもたちがYogaをしていてとってもかわいかったです。先生方のYogaの教え方も面白く、子どもたちが興味を持つような工夫がされてとても勉強になりました。私もYogaに興味を持ち、約3週間Yogaスクールに通いました。Yogaスクールでは英語の勉強にもなり、とても充実した日々でした。

origami

October 6, 2016

幼稚園ボランティア体験談:エシママミア様

      外国の幼稚園は自分がしたいことを自由にさせてるイメージだったけど、私がボランティアで働いた所は、しつけ、教育をしっかりとっした所でした。 お絵描きや、切ったり、色をぬったりする時はそれ用のテーブルマットを使う、パズルやブロック、ままごとセットなどで遊ぶときはそのテーブルマットを使う。同じものでずっと遊ばせない、次に遊びに行くときは、きちんと片づけてから、同じテーブルは2人まで、トイレに行くのも先生と。走らない、大声を出さない。日本の私立の幼稚園の様な感じでした。初めは何をしていいか、何を声かけたらいいかわからなかったけど、先生たちに「あの子に~してあげて」とか「紙がなくなったからこのサイズに切ってくる?」とかジェスチャーまじりにおしえてもらったりして、すごくボランティアしやすかったです。 たった1週間だったけど、こどもたちも私の名前を呼んでくれたり、「I like you.」って言ってくれたり、一生懸命何かを私に話してくれたり、最初はべーってしたり私が言うことを全て「No」って言ってた子たちも、私の手を引いて「遊ぼー」って言ってくれたり、読み聞かせの時は、「こっち」ってしてくれたり、すごくかわいい子たちでした。ご両親もすごく優しい人たちで、「もっと働いてよ」とか、「頑張って!英語少し話せるだけでもgoodだよ」て言ってくれました。日本人のお母さんからは最後の日に手紙を貰いました。先生たちからは、「また来てね。次は2か月とか1年とか!」「いつでも戻ってきていいよ」などすごくうれしい言葉をかけてくれました。 ホームステイはフィリピンの女性の方で、家の事をすべてジェスチャーで教えてくれました(電気のスイッチのON/OFFなど小さなことから)。家に遊びに来てたフィリピンの友だちも笑顔で話しかけてくれました。ごはんはみんなバラバラだったけど、いつもフィリピンドラマをみんなでキャッキャッ言いながら見たりしてすごく楽しく過ごすことが出来て良かったです。 カナダの人たちは本当にみんな優しい人ばかりでした。きっといろんな国の人たちが住んでるから、誰にでも優しんだと思います。お店の人も、バスの運転手も、バスをまってる人たちも、みんな笑顔で声ををかけ合っていてすごくステキな国だと感じました。 カナダでのボランティアを選んですごくよかったと思います。