小・中・高校留学

January 5, 2018

カテゴリー:カナダ:中学・高校留学

高校生:体験談

 

img_8012私は2016年9月から12月までの間、ノースバンクーバーというところで高校留学していました。ホームステイを始めた頃は英語が聞き取れないことが多くて、ホストファミリーとのコミュニケーションに悩んだのですが、1ヶ月くらい経つとコミュニケーションも問題なくとれて、一緒にテレビを見ながらおしゃべりをしたりなど、本当のファミリーのように過ごすことが出来ました。ホストファミリーはとても優しく、食事も美味しくて最高でした。
私はホストマザーの作るピーマンの肉詰めとグリルチキンが大好きで、もう食べれなくなってしまうのが少し寂しいです。

学校では、英語が聞き取れないこともありましたが、辞書をひいたりクラスメイトに聞いたりして勉強するようにしていました。おかげで、授業で分からないことも少なくなり、クラスメイトとも仲良くなることができました。

最初は、授業のレベルを下げようかとも思いましたが、今思えばあの授業で努力したことが英語の上達や友達作りに繋がったので、下げずに良かったのと思っています。

最後の1ヶ月はあっという間に過ぎて、こんなに楽しいのかと思うくらい学校が好きでした。早く日本に帰りたいという気持ちもありますが、学校の友達やホストファミリーとお別れをするのが悲しくて、カナダにもっと滞在したい気持ちでいっぱいでした。

これから留学したいと考えている人は、後悔しないのでぜひ留学してください。
留学中、たくさんサポートしてくれてありがとうございました。