資格取得留学

資格取得留学:渡邊 敬子様

 

 

 

 

 

 

 

 

2012年9月、ホスピタリティを勉強するため、そしてカナダの大学を卒業するためにバンクーバーに留学に来ました。

大学に入学する最初のステップとしてバンクーバーの専門学校でBusiness Administration Major in Hospitalityというコースを取りました。このコースではホスピタリティとビジネスを勉強します。最初に来た時は「日本でもそこそこ英語を勉強していたから大体はわかるだろう」と思っていましたが、いざ授業が始まってみるとテキストを読んで先生の話を聞くのがやっとで、先生に “What do you think?” と聞かれても何も答えることができませんでした。それどころか買い物をしたりバスや電車に乗ったりと日常生活でさえも一苦労でした。改めて文化や言葉の壁を痛感しました。

ホームステイでの食事も口に合わず、カナダに来て1ヶ月ぐらいで日本に帰りたい!と思いました。しかし、学校の先生、学校の日本人スタッフの方々、友達、家族、JanLinkのスタッフの方々にサポートして頂き、約1年半のクラスを終えることができました。

クラス終了後は300時間の実習のためバンクーバーのホテルで働かせて頂きました。そこではフロントデスク、ランドリー、会計課と色々なポジションで仕事をしました。

そこでも思ったのがやはり文化・言葉の壁。お客さんはもちろん他のスタッフとも英語でうまくコミュニケーションを取らなくてはなりません。
1年半クラスで勉強しましたが自分の英語力の低さを強く感じました。

今までバンクーバーで過ごしてきて1番強く感じたこと・学んだ事は「人は一人では生きていけない」という事、「自分がいかに周りの人に助けてもらっているか」という事です。人の優しさや暖かさに感動し、感謝する気持ちを持てるようになったのはバンクーバーでの生活のお陰だと思います。

2014年9月からは念願だったビクトリアにある大学に進学が決まりました。
そこでホスピタリティーマネジメントを学び、将来はカナダ又は日本のホテルで働くためにしっかり勉強し、学力的、人間的にも成長できるように頑張りたいです。