• ボランティア留学プログラム
  • 語学&有給インターンシップ留学
  • キッズサマーキャンプ留学
  • ワーホリ&キャリアインターンシップ留学
  • 語学&キャリアインターンシップ留学

What's New!

June 13, 2018

去年地域の紙面でインタビューをされていた高校留学中のニシヤマユウシロウくん☆

今年もTough Mudderに出場するようです(^^)

今年はどんな活躍がみれるのか楽しみですね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高校留学詳細はこちら→http://www.janlink.ca/shou-chuu-koukou/

June 8, 2018

第2回日本語教師アシスタントボランティア/シニアボランティアセミナーを開催しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

幼稚園ボランティアも人気なプログラムとなっています!

ご興味のある方はお気軽にJANリンクまでご連絡くださいね(^^)

ボランティアプログラムについてはこちら→http://www.janlink.ca/volunteer-ryugaku/

June 6, 2018

おかげ様で6月7日(木)16時~の

日本語教師アシスタントボランティア/シニアボランティアセミナー

定員に達しました!

多くのお問い合わせ、誠にありがとうございました(^^)

June 4, 2018

6月7日(木)16時~は大好評により

第2回日本語教師アシスタントボランティア/シニアボランティアセミナーを開催します☺

定員数が決まっておりますので、ご希望の方は事前にご連絡くださいませ☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

プログラムの詳細についてはこちら→http://www.janlink.ca/volunteer-ryugaku/

 

 

May 30, 2018

高校留学中のツチワタキミさんから

Graduation Ceremonyの写真が届きました♪

今月末のプロムも楽しんで下いね☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では経験できない卒業式、貴重な体験ですね

高校留学についてはこちらから⇒http://www.janlink.ca/shou-chuu-koukou/

May 29, 2018

幼児ボランティアプログラムご参加中のムラセエミ様、

昨日から2か所目のところに参加されています(^^)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本とカナダの教育現場の違いをたくさん吸収されているようです。

やはり現場に出ると机上では学べないことがたくさんありますよね!

次の場所でも頑張ってくださいね☆

幼児ボランティア詳細はこちら→http://www.janlink.ca/volunteer-ryugaku/

May 24, 2018

現在有給インターンシッププログラムに参加されている

お客様からとても素敵な写真が届きました☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現地の人たちと働きながら、他の国からきているスタッフたちと関わりながら

カナダの大自然で生活ができ、一石二鳥にも三鳥にもなっているようですね(^^♪

有給インターンシッププログラムについてはこちら⇒http://www.janlink.ca/paid-internship/

May 23, 2018

明日は日本語教師ボランティアとシニアボランティアプログラムのセミナーを開催します☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご興味のある方はスタッフまでご連絡くださいね^^

May 18, 2018

高校留学中のウエハラアヤノさん、カタヤナギコトネさんが

仲良くオフィスに遊びにきてくれましたっ^^

とても充実した高校留学生活を送られているようです。

留学生活も残すところあと1カ月!

楽しんでくださいね。

May 16, 2018

JANリンクの新メンバーご紹介♪
それぞれの似顔絵ですが似ています^^

ぜひオフィスに会いにいらしてくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新メンバーの紹介はこちら⇒http://www.janlink.ca/aboutus/staff/

私たちの体験談

March 9, 2018

日本語教師アシスタント

体験談: 活動内容は主に、授業の準備、授業中の先生や生徒のサポート、提出物やテストの採点を行いました。授業の準備では、先生と一緒に授業で使うワークシートづくりやアクティビティで使うカードの作成などを行いました。基本的には先生から何かを作ってほしいと頼まれたときwordやpowerpointでワークシートの作成を行っていましたが、毎日いろいろ経験するうちに、自分から何か考えたことを提案できるようになりました。特に印象に残っていることは、教科書のunitごとに行わるテストの作成です。今までの生徒の理解度や、教科書で出てきた新しい言葉や表現、アクティビティで使った文法など、どんな問題をどうやって出題するのが生徒にとっていいのかを考えながら、テストの作成をするのがとても楽しかったです。自分が考えたテストを、実際に日本語を学ぶ生徒が解いてくれるというのは、私にとってとてもやりがいのある貴重な体験になりました。もちろん、作った最初の段階では、先生に指摘されて気づく簡単なミスや誤解をうむようなわかりにくい表現があったり、出題の仕方があやふやだったりと、決してパーフェクトではありませんでしたが、先生に見てもらって、どう直したらよいのかも指導してくださったので、とても勉強になりました。生徒が良い点をとって喜んでいたときは、わたしも嬉しい気持ちになりましたが、反対に生徒がうまく点が取れなかったときなどは、この出題方法はわかりにくかったなどと後から反省することもありました。テストの結果は、生徒にとってとても大事なことであるし、外国語として日本語を学んでいる生徒がすこしでも、日本語が理解できた!という何か達成感をもてるようなテストの作成が大事だと感じました。テスト作成ひとつにしても、学んだことはとても多かったです。授業中の生徒のサポートは、生徒から質問があれば、個人で対応しました。また、教室を回ってつまずいている生徒がいれば、声をかけて一緒に考えるという姿勢を大切にしました。生徒の性格によっては、質問を積極的にできる子もいれば、わからなくても質問できない子もいたので、自分から積極的に話しかけるように心がけました。また、先生がクラス全体を見て授業進行をしているので、ボランティアの私ができることは、一人一人にアプローチすることだと思いました。授業が進んでいる間にこの生徒はこうだった、あの生徒はああだったなど気づいたことをあとで先生に報告して、それによって次の授業の内容を一緒に考えたりしたときもありました。何が理解できていて、何が難しかったのかに気付くことも、次の授業につながるとても大事な材料になると感じました。提出物やテストの採点に関しては、その都度おこなってコンピュータにデータを入力して管理するという事務的な作業も行いました。 私は大学で日本語教育専攻をしているので、日本語教育として学んだことは本当にたくさんあり、貴重で素敵な経験になりました。とにかく生徒たちがとてもかわいくて、授業外で話したりするのもとても楽しかったし、英語の勉強にもなりました。日本語を楽しく、一生懸命学んでいる生徒たちを見ると、とても幸せな気持ちになったし、もっとああしよう、こうしようと案を考えていくことができました。学校で過ごした時間は、いろいろ考えさせられて勉強にもなったし、何よりも未来の自分を考える大きなきっかけになりました。 本当に日本語教師プログラムに参加できてよかったです。人生の素敵な思い出、そして次の目標への一歩になりました!サポートしてくださって本当にありがとうございました!

March 7, 2018

幼児ボランティア:松本菜々香様

    私は1ヶ月ほど幼稚園のアシスタントスタッフとしてボランティアをさせていただいています。 3歳から5歳くらいの幼稚園の子ども達とブロックやパズル、粘土や積み木などを使って一緒に遊んだり、ジムに行って追いかけっこをしたりボールを投げあったりしています。私が活動させていただいている幼稚園はおやつタイムがあり、キューリやトマト、オレンジやリンゴなどを子ども達と一緒に食べるのですが、その際テーブルを拭いたり食器を洗ったりもします。 朝幼稚園に着いてから、テーブルの上に遊び道具のセットをすることから始まります。最近はプレイドッグという粘土のようなものをセットする担当なのですが、街をテーマにしたものを作ったり、雪だるまをテーマにしたものにしてみたりと試行錯誤しています。 私はバイオリンを日本から持ってきたのですが、先生が私にバイオリンを弾く時間を与えてくださり、子どもたちに聞いてもらったこともあります。 また、女の子が「これ読んで!」と私に一冊の本を持ってきたことも印象的です。 活動を通して大切だな、と感じたことは、例えどんなに英語力が低くても積極的に自分からジェスチャーを使いながら話しかけていくことです。私はそもそも英語が得意ではなく、初日からコミュニュケーションが全然うまく取れず、この先大丈夫かな、と不安になりました。 幼稚園でも小さい子が何を言っているのか理解できず、少し虚しい気持ちになったこともあります。 しかし、どんなにひどい文法や発音であってもどんどん話しかけていき、あまり長くない活動期間を有意義に使おうと努力しています。 また、幼稚園の先生が私にとても親切にしてくださり、この幼稚園で活動できて幸せだな、と感じています。現地の人自体優しい人が多く、電車で席を譲り合ったりお店で扉の開閉をしてくださったり、道に迷った時丁寧に教えてくださったり、切符の使い方が分からなかった時にどうしたの?と声をかけてくださったりしました。 ボランティア先から帰ったらわんちゃんとねこちゃんがお出迎えしてくれて毎日とても癒されていました。雪の日はわんちゃんが外でとても楽しそうに遊んでいるのを見て微笑ましく感じました。 ホストマザーのご飯もとても美味しく、ずっとここに住みたいな、と思っていました。 大変だったことは、電車やバスの定期を使う際、定期カードにエラーが出てしまったことです。バンクーバーでは運賃を払えば電車とバスと船が90分間乗り放題になる制度になっており、私は1ヶ月間使える定期を購入しました。しかし、降りる駅でカードをかざす機械に私のカードを認識してもらえず、次の日バスでカードにエラーが出るということがありました。その時は原因が分からず、カード会社に電話をかけても言っている内容が理解できませんでした。ボランティアに遅刻してしまうという焦りもあり、少しパニックになってしまいました。そんな時に優しい現地の方がどうしたの?と声をかけて下さり、駅員さんも来て下さって解決しました。 あと2週間しか活動期間は残されていませんが、週末には観光もしながら充実した時間を過ごしたいと思います。